最高のクラブとスイングをあなたのものに。東大阪でゴルフ工房 を併設したインドアゴルフ練習場です。

ゴルフクラブのロフト角(リアルロフト)とは

  • HOME »
  • ゴルフクラブのロフト角(リアルロフト)とは

リアルロフトとは

ゴルフクラブのロフト角とは、ゴルフクラブの長さとともに、飛距離を決定する数値の一つです。一般的に、ロフト角の数値が小さいほど、ボールを遠くまで飛ばすことができます。

ただし、ヘッドスピードが遅いプレイヤーの場合には、ドライバー、スプーン、ロングアイアンなどでは、ロフト角の数値がある程度大きい方が、ボールを遠くまで飛ばせることもあります。

また、ロフト角はボールの高さを決定する数値でもあります。ロフト角の数値が大きいほどボールは高く上がります。

ゴルフクラブのロフト角とは、図のように、シャフトの中心線を含む垂直平面とフェース平面のなす角度です。このように、シャフトの中心線を含む垂直平面を基準にして計測したロフト角がリアルロフトです。通常、単に「ロフト角」という場合には、「リアルロフト」のことを指します。

ロフト角とは

表示ロフトとは

ドライバーやフェアウェイウッドの多くは、ソールの裏などに「9.5」、「10.5」、「15」などの数字が
書かれています。この数字のことを「表示ロフト」と呼びます。「表示ロフト」=「リアルロフト」ではないのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のリアルロフトは必ずしも表示ロフトと等しくはありません。ソールに「10.5」と書かれているのに、実際のリアルロフトを測定してみると12度だったりします。

これは、メーカーの製造誤差によるものか、メーカーが意図的にやっているものか、あるいはその両方です。精度の高い工場で作られたヘッドであっても、ロフト角には±1度の製造誤差があります。リアルロフトが表示ロフトに比べて、1度よりも大きい場合には、メーカーが意図的にやっていると思います。あるメーカーの方から聞いた話では、表示ロフトが11度以上のドライバーはあまり売れないのだそうです。なので、12度とは書かずに10.5度と書くんですね。

ドライバーのリアルロフトが合っていないことの弊害

もし、本来ご自分に適しているリアルロフトよりも、リアルロフトが極端に小さいドライバーを使った場合、ボールが十分に上がらず、キャリーが不足してしまい、結果的に飛距離をロスすることになります。

飛距離のロスよりも、さらに大きな弊害は、ボールを無理に上げようとして、スイングを崩してしまうことです。リアルロフトの小さなドライバーで無理にボールを上げようとすると、フェースが開いてしまい、往々にして、大きなスライスボールの原因となります。

反対に、ご自分に適しているリアルロフトよりも、リアルロフトが極端に大きいドライバーを使った場合、ボールが高く上がりすぎてしまい、結果的に飛距離をロスすることになります。俗に言う「球が吹け上がる」という現象です。

アイアンのリアルロフトの選び方

行き過ぎたストロングロフト化

飛距離を正確に打ち分けたいアイアンにおいて、リアルロフトの設定は非常に重要です。しかしながら、ゴルフクラブメーカーの近年のアイアンのロフト角設定は、極端なストロングロフトになっているものが多く、少々首をかしげたくなります。古典的なアイアンのロフト角の設定は、番手ごとに4度刻みで、下表のような感じでした。

アイアンロフト角(クラシック)

 

 

 

それが、近年の極端にストロングロフトのモデルは下表のようになっているのです。

アイアンロフト角(ストロング)

 

 

 

ピッチングウェッジのロフト角が40度というのは、つまり8番アイアンのソールに「P」という文字を刻印しているのと同じようなものです。

アイアンのリアルロフトの調整

飛距離を正確に打ち分けたいアイアンにおいて、番手間で、3度刻みなり、4度刻みなり、5度刻みなり、いずれにせよリアルロフトの数値が、正確にフローしていることが、非常に重要です。しかしながら、市販のゴルフクラブは、必ずしもリアルロフトの数値が正確にフローしているとは限りません。

公差が±1°

ゴルフクラブメーカーのロフト角(およびライ角)の公差(これぐらいならズレていても許してね、という誤差)は、精度の高い工場であっても±1度ぐらいなのです。つまり隣り合った番手の2本のアイアンの、設計上のロフト差が3度だったとしても、製造誤差によって、実際のロフト差は1度になっていてもおかしくないですし、同様に、設計上のロフト差が5度だったとしても、実際のロフト差は7度になっていてもおかしくないということです。

隣り合った番手の2本のアイアンの、設計上の飛距離の差が10ヤードだったものが、実際には5ヤードになってしまったり、15ヤードになってしまったりするのです。

残念ながら、運悪く、こういうアイアンに当たってしまう可能性は、少なからずあります。究極に運が悪ければ、6本セットのアイアンセットを買ったのに、3種類の距離しか打ち分けられない、ということもあるかもしれません。

軟鉄アイアンの勧め

もし、運悪く、そういうアイアンに当たってしまったとしても、購入したアイアンのヘッドの主素材が「軟鉄」という素材であれば、救われます。「軟鉄」は比較的軟らかい金属なので、ロフト角を調整することができるのです。軟鉄素材のヘッドの製造技術が向上したため、最近は市販のアイアンの3割ぐらいが、軟鉄製のアイアンです。

もし、購入したアイアンのヘッドの主素材が、「17-4ステンレス」、「SUS630ステンレス」、「チタン」、「マレージング鋼」、「クロムモリブデン鋼」などの素材であれば、残念ですが、あきらめてください。これらの素材は硬い金属なので、ロフト角の調整はできません。

従いまして、アイアンを購入する際には、ヘッドの主素材が「軟鉄」であることをご確認するようお勧めします。そして、購入したら、ロフト角(およびライ角)を調整して使用することをお勧めします。

(クラブ数値.comから抜粋)

 

PAGETOP
Copyright © R&M GOLF All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.