最高のクラブとスイングをあなたのものに。東大阪でゴルフ工房 を併設したインドアゴルフ練習場です。

ホーゼル内に重りを入れてバランス調整する弊害

  • HOME »
  • ホーゼル内に重りを入れてバランス調整する弊害

なぜ、ホーゼル内に重りを入れてバランス調整してはいけないのか。

本来、何も入れないで、図のように正しい重心距離(芯)がセンターに来るように設計されているヘッドに、赤枠の部分に重りを入れてバランスを調整すると、重りを入れた方向(白い矢印の方向)に芯がずれてしまい、そんなところで誰もヒッティング出来ないということです。

 

いくら練習をしても、芯を食った感触がない。フェース面のボールの打痕を見るとヒール寄りに付いている。そんな経験ありませんか?

市販の各メーカーは、クラブを組み立てるのに、ヘッド重量を軽く作っておいて、赤枠の部分に重りを入れてバランスをカタログ値になるように組んでいるのです。1日に何百セットも組み立てるのに、その方が作業効率が良いからです。重めに作ってカタログ値よりもバランスが重くなると商品にならないからです。

 

PAGETOP
Copyright © R&M GOLF All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.